みなさんこんにちは~!
アウトドアコーディネーショントレーナーとして、
日々子どもたちとアウトドアを楽しんでいるナッツです!
IMG_5003.JPG
前回Blogに引き続き、
今日も運動をすることで得られるメリットその②をご紹介します。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「運動することで得られる様々なメリット」その②
2、スポーツが上手くなる
筋力は体に備わっている性質の中で最も重要なもののひとつで、体に負荷のかかる運動を通じて発達します。
重い物をうごかそうとすればするほど強くなり、力を発揮するようになる筋力。
筋力は走る、投げる、ジャンプする、打つ、蹴るなどの
基本的スキルに大きく関係しています。
例えば、お尻と脚の筋肉が強ければ強いほど、より遠くまで、
より強くボールを蹴ることができ、より速く走ることができるのです。
つまり大きな筋力をつけた人のほうが、より優れたサッカー選手になれるということです。
他のスポーツも同様です。
筋力は、運動能力アップの絶対条件です。
ですから、どんな運動をさせるにしろ、
まずは早い時期に子どもの筋力を向上させていく準備をすることが必要です。
力を出す能力には、いろいろなものがあります。
例えば、筋持久力、爆発的筋力(スピード筋)、絶対的筋力などです。
これらの筋力はどのスポーツにおいても密接に関係し合っていますので、
少なくともひとつ以上は身につけられるよう、しっかりトレーニングしていきましょう。
動作のスキルを学ぶときにもある程度の筋力が必要です。
適度なレベルの筋力がないと、走る、ジャンプする、投げる、打つ、蹴るといった
基本的な動作に支障をきたすおそれがあるからです。
体育の授業が始まって間もない頃の子どもたちを見てみると、
授業時間の大半を、平均台の上を歩いたり鉄棒にぶら下がって体を揺らしたり、
懸垂のような体を支える運動をしたりしてすごしています。
このようなごく基本的な運動を行なうのは、
ほとんどの子どもが体操器具の上で自分の体を支えたり、
高度なスキルを行なったりするのに十分な肩や腕の筋力を持っていないからです。
例えば、テニスやゴルフのようなスポーツでは、
手首を上に向けた状態で打つことがありますが、このとき、
もし子どもに十分な筋力がない場合は、
いくら教え込んでも正しいスイングをすることはできません。
しかし、適度な筋力を身につけることによって、必要な動作を簡単にマスターすることができるようになります。
このように、筋力レベルを上げることで、
ひとつひとつのスキルをより効率よく学ぶことができるようになるのです。
 この他にも、筋力は運動、そして日常生活のあらゆる動作と密接に関係しています。
正しい姿勢を保つためには筋力で体を支えることが必要ですし、
また敏捷性をはじめとしたさまざまな能力は、すべて筋力レベルによって左右されるのです。
※上記参考・・・「子どものスポーツトレーニング」マイケル・イエシス著 森永製菓株式会社健康事業部発行より一部抜粋修正
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
著者はスポーツ上達のためには、「筋力アップ」が大事だということを述べていますが、
あくまでも過剰な筋力トレーニングは、禁物だと思います。
何にでもいえることですが、
過剰になりすぎずに、ほどほどで身体を動かすべきです。
私の周りを見渡しても、
トレーニングし過ぎが原因と思われることで肉離れを起こしている子、
頻繁に怪我を起こしている子などがいますが、
無茶なトレーニングなど、過剰になりすぎると、怪我の元になります。
やはり、子どもに対しては、
まず「楽しむ!」マインドが一番大事だと思います。
また、
著者のことを否定するわけではありませんが、
小学生のうちは、筋力よりも
バランス力とコーディネーション力(状況に合わせて的確に身体を動かす能力)に重点を置くべきじゃないかと
私は思います。
ただし、
筋力レベルがある程度まで上がらないとスポーツも上達しませんし、
できる活動も限られることは感じます。
現に、
わが子の逆上がりを教える時も「もう少し腕力があれば、軽々とこなせるのに、、、」
と思うこともしばしばです。
ともあれ、
ある程度の筋力は必要ですので、
運動を楽しんでいるうちに、いつの間にか気付いたら筋力がついていた」というのが理想かな~~、
なんて思います。
こちらの書籍をご紹介していてなんですが、
著者の述べているタイトルのメリット②は「スポーツが上手くなる」ということでしたが、
読んでいると、
「運動のスキル向上は筋力が重要」というタイトルのほうが
すんなりくるような気がするのは私だけでしょうか?
  
■mail:info@123outdoors.com
■WEB:www.123outdoors.com
■ナッツのプロフィール
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
妻と3人(小・1小3・小5)の子どもを持つ5人家族のアクティブパパ。
子どもやファミリーを対象に、リゾート施設や行政などと協働し、
各地の体験施設の立ち上げや体験事業をプロデュース。
海のカヤックから冬のスキーまで海から山まであらゆるフィールドをカバー。
本格的でリアリティのあるアウトドア体験事業を得意とする。
100kmの川下りや本格的な釣り体験など
自身が手掛けた企画による体験者は、のべ5万人以上。 
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
■アウトドアコーディネーショントレーナーとは?
アウトドア活動における心理的、身体的ストレスを減らし、
人間の持つ運動能力を向上させ、
アクティビティを楽しむポジティブマインドを引き出すプログラムの企画、
運営に携わる専門家